つくばフェスティバル2022

最新装備の消防車両と救急車の展示

 つくば市は、令和3年3月19日、消防行政の理解促進を図るため、令和2年度に配備した最新の消防車両及び救急車の展示を行いました。 

本部指揮車(中央消防署) 
火災・災害現場において迅速で安全な消火活動を行うために複数の隊に指示を出し、市民の生命及び財産を守る大事な司令塔の役割を果たす消防車です。
 
高規格救急車(中央消防署) 
年々増加する救急需要に対応するため、中央消防署に新規配備された高規格救急車で、救急救命士が高度な救命処置を行うための医療機器を搭載しています。 

災害対応特殊化学消防ポンプ自動車(中央消防署) 
一般火災において、少量の水で効果的な消火が行えて水損被害の軽減ができるCAFS装置に加え、消防本部では2台目となる油火災に有効な泡消火が可能な消防車です。 

消防ポンプ自動車 (消防団大穂支団前野地区及び谷田部支団苅間地区) 
火災発生時には防火水槽・消火栓等の水利を利用し強力な放水を行い、一般建物火災等に対応する車両です。当車両は総重量が3.5t未満であり、普通免許に対応していることが大きな特徴です。
Translate »